ISEAL-VUインソールは、歩行機能を向上させ怪我のリスクを下げることが科学的に証明されています。世界規模で革新のカギとなる「Global Innovator」を育てる。

お問い合わせ
お問い合わせ
MENU
  • 短い人生を本気で駆け抜けることを大事にしています
    私は短い人生を本気で駆け抜けることを大事にしています。エントロピーなどの物理法則を考えても、安定を求めながら真理の追求はできないと思っています。勝負に負けることよりも、勝負できない方が後悔するでしょう。こけてもうまくいっても、どうせ短い人生。良い波が来た時に乗るのか?それとも次を待つのか?迷ったら乗ってみたい。そして、歳を重ねるごとに、良い波を見送る余裕は無くなってきます。しかし、うまくアダプトしていけば、人生100年時代、85歳までは現役で働くこともできるでしょう。それだけのインフラが、既に存在しています。

    私は偏差値教育の申し子でしたが…高校の頃に燃え尽きました。本質的な学問ではなく、テストのための勉強に終始してきた自分に葛藤を感じ、反抗心から勉強を放棄してしまいました。「本気でやれる覚悟ができれば、自分は誰よりもやるんだ!でも、成績を上げたり、大学受験のために勉強するのは違う!」と自分に言い聞かせてドロップアウト組になりました。行き場を失い燻っていた自分が、日本を出てアメリカに行くことになってから既に20年。そこからは、生まれ変わったように本気で勉強を誰よりもやってきたつもりです。「ここでできなければ、完全に口だけ人間になってしまう。」という気持ちのもと、妥協だけはしなかったという自負があります。
  • 気が付けば、海外生活の方が長くなっていて、グローバルに活躍するという道を進むことになっていました。私自身、海外志向が強かったわけでもなく、「グローバルに生きるってかっこいいなぁ」などというイメージも少なく、「大変なんだろうなぁ…」という気持ちがありました。日本の外で妥協せず生きることを貫くことの難しさは痛感しています。日本人が日本に居るのと異なり、外国人として他国で生きることの難しさ…しかし、こうしたローカルなアドバンテージやディスアドバンテージを全て取っ払った中立空間こそが、究極のグローバルが意味するところだと思います。

    現実には「現地人と外国人」などの様々なフィルターが掛かり、その中で工夫して道を模索することが多いとは思いますが、SOCIETY5.0のオンライン情報空間においては、こうしたバイアスがかかりにくいと感じています。今までは特殊環境(例:国際HUB空港)以外で感じることの難しかった中立的な環境。これからは、ボーダーレスでグローバルな世界で生きていくのが、大方の未来予測になっているのではないでしょうか?実質、インフラにおいては、言語の通訳と翻訳はリアルタイムで可能な段階に入っていっていると言えます。

    こうした時代の転換期において、私ができることは大きく2つに分類できると考えています。
  • 1. 私の専門研究領域である健康科学を社会に実装していくこと。
    高齢化が進む先進諸国において必須となる健康寿命延伸を目標として、従来の医療に「予防」と「再生」を加えていくことを目指します。ノーベル賞で話題となったinduced-Pluripotent Stem Cell(iPS細胞)やコロナウイルスのワクチンで名を挙げたメッセンジャーRNA(m-RNA)の活用は、理論上不老を可能にし、ほとんどの病気を治すこともできるかもしれません。しかし、このテクノロジーがどのように実装されるかについては、技術的・倫理的に不確かな部分もあり、過渡期においては予防医療が大きな役割を果たすと考えています。これらのテクノロジーや知識について、最先端の知見の提供や研究開発など、私自身が社会に還元していくことが、課せられたもう一つの使命と考えています。
  • 2. この時代を築き上げ、引っ張っていく人材の育成。
    ビジネス・修学・研究・コミュニケーションにおいて実践的な英語力の底上げ。さらには言語能力だけでなく、付随して必要となるプレゼンテーション力、論理的思考力、交渉力…さらには、何を成し遂げるにしても必要になる忍耐力、新しいことに挑戦するアントレプレナーシップ、そして全てのコミュニケーションにおいて必須となる人間力。そして、SOCIETY5.0を形成していく上で欠かすことのできないテクノロジー(例:人工知能、ヴァーチャルリアリティ、再生医療、ソーシャルネットワーク)。これらを総合的に醸成する教育を提供することを一つの志として掲げています。
  • Dr Hanatsu Nagano PhD

    私は基本的に誰かのお役に立ちたい、協力させて頂きたいというスタンスです。
    今どの位置にいるか?
    よりも、
    上昇思考を持って本気で取り組んでいる人と一緒に仕事ができると幸いです。
    Win-winとGive-firstをモットーに...
    何か私にできることがあれば、ご連絡ください。

    Dr Hanatsu Nagano PhD.
    h-nagano@iseal-insole.net

ご相談案件例
EXAMPLE

    • テクノロジーを導入したい
    • 新規テクノロジーを開発したい
    • テクノロジーを導入したい
    • テクノロジーのライセンシングなどを行いたい
    • 健康促進を行いたい
    • 目的に合わせた運動療法を学びたい
    • テクノロジーを活用した健康促進を行いたい
    • 地域の政策として健康促進に取り組みたい
    • 英語力を上げたい。
    • 個人的に実践的な英語力を高めたい(子供から大人まで)
    • 組織の英語力を高めたい
    • 「留学/海外で就業」したい
    • 英語でプレゼンテーションを行いたい
    • プレゼンテーションの指導を受けたい
    • プレゼンテーションの代行を頼みたい
    • 英語で資料を作りたい
    • 資料の作り方を教えて欲しい
    • 資料の添削をして欲しい
    • 資料を一から作って欲しい
    • 英語で執筆したい
    • 執筆できるスキルを身につけたい
    • 添削して欲しい
    • 大まかなドラフトを作成して欲しい
    • 海外企業とビジネスを行いたい
    • 新規開拓のために海外企業に連絡したい
    • 会社の意思を先方企業に伝えたい
    • 交渉などを代行して欲しい
    • 政策提言をしたい
    • テーマに沿った勉強会を行いたい
    • 関係省庁への政策提言を行いたい
    • 専門家の意見を聞きたい
    • 海外政府機関と共同プロジェクトを行いたい。
    • 格式の高い書類を作成したい
    • 先方の要望やプロジェクトの展望などをリサーチして欲しい
    • 交渉などを代行して欲しい
  • その他、お役に立てそうなことがあれば、ご連絡ください。
  • お問い合わせ
copyright(C) WISDOM & PHILOSOPHY - Dr. HANATSU All Right Reserved.