「オーバープロネーションとは?」

歩行やジョギングなどを行っている人や、色々な靴のインソールを試している人なら「オーバープロネーション」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

「オーバープロネーション」とは、「プロネーションし過ぎている状態」を意味し、良くないことであると認識されています。

しかし、なぜオーバープロネーションが良くないかを説明している情報は少なく、「脚が痛くなる」とか「姿勢が悪くなる」とか言った一般的な説明に終始していることが多く、そのメカニズムなどについて詳しく説明していることは少なく思います。

よって、今回は、このオーバープロネーションについて、バイオメカニクスの見地から説明します。

足首の動き

「プロネーションって何?」

まず初めに、プロネーションとは図の上(左)のような状態を指します。

これは、さらに細かく分解すると、エバーションという動きとドルシフレクション(背屈)という動きが合わさったものとなります。

そして、図の上(右)がその反対の足首の状態でスピネーションと言います。

 

一番初めに理解するべきことは、これら全ての動きが重要であるということです。

その中で、足を始めとした様々な問題を生じないためには、以下のことを理解する必要があります。

  • 正しいタイミングで、正しい足首の動きが行われる。
  • ①の条件を満たした場合でも、過剰になり過ぎると問題が生じやすい。

 

 

「正しい足首の動きとは?」

それでは、正しい足首の動きとは何でしょうか?

順番で言うと「プロネーション→スピネーション→プランターフレクション(底屈)」が正しい動きとなります。

まず、踵着地時は若干プロネーションしているのが正解です。

これによって、衝撃吸収が効果的に行われます。

 

踵着地時はプロネーションの状態ですが、そこからスピネーションが始まります。

スピネーションは「インバーション」と「プランターフレクション(底屈)」という二つの複合動作ですが、スピネーションからインバーションが消え、最後は純粋なプランターフレクションに近い足首の動きをもって、つま先離地が起こります。

 

この足首の動きは、足にかかる圧力の中心(CoP)の動きに表されます。

分かりやすく言えば、足にかかる体重の軌跡です。

ISEALインソールの突起は、理想的なCoPの動きをサポートしています。

足裏に微弱な刺激を与えることで、そこに体重をかけやすくなり、結果的に正しい足首の使い方が再現されます。

また、踵付近のプロネーションと、そこからのスピネーションをサポートしています。

CoPの軌跡をサポート

そして、何事もやり過ぎは問題になりやすいということで、仮にプロネーションが必要な踵着地時であっても、理想的なプロネーションを大幅に超えてしまうと問題を生じる可能性がでてきます。

ビタミンの過剰摂取も、運動のし過ぎも健康を害する可能性があるのと同様、何事もほどほどじゃないと、問題を生じます。

 

これ以外にもっと分かりやすい問題は、スピネーションしなくてはいけない時にプロネーションしている、あるいは十分なスピネーションが行われない というタイプのオーバープロネーションが、大きな問題を引き起こします。

 

 

「オーバープロネーションの問題とは?」

以下が、オーバープロネーションが引き起こす可能性のある主な問題となります。

  • X脚の人が、踵着地時に過度なプロネーションをしていると、膝の外側を痛めるタイプの変形性膝関節炎に繋がる可能性が高まる。
  • スピネーションをしなくてはならない時に、プロネーションしていたり十分なスピネーションが行われなかった場合、外反母趾など拇趾球周辺に問題が生じやすい。
  • プロネーション=エバーション+ドルシフレクション(背屈)だが、エバーションは骨盤の前傾を引き起こし、過度に行われると反り腰(ロードシス)となり、腰痛を引き起こす要因となり得る。
エバーションが骨盤を前傾させる

以上が、主な問題となります。

もちろん、過度なプロネーションは足の関節(距骨下関節)を痛める原因ともなり得るので、注意が必要です。

「オーバープロネーション」という言葉がある程度一般的なのに比べて、「オーバースピネーション」という言葉はあまり聞かないかもしれません。

しかし、これは誤解を引き起こしかねない問題であり、例えば踵が着地する時にスピネーションが起こると捻挫をするリスクが高まり、O脚になりがちで膝の内側を痛める可能性が高まります。

 

「オーバープロネーション」は問題かもしれませんが、正しく理解しないと、言葉先行で「とにかくプロネーションが良くない!」と言う間違った情報が拡散することは避けるべきでしょう。

これを説明できる人はあまり居ないと思うので、ぜひ皆さまも知り合いでウォーキングやジョギングを嗜んでいる人に教えてあげてください!

 

そして、正しい足首の動きを再現するISEALインソールもよろしくお願いいたします。

www.iseal-insole.net/jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください